日本庭園
おもてなし民泊

平安、室町時代に発祥した茶の湯から始まったとされる「おもてなし」お客さまや大切な人への気遣いや心配りをする心が築かれた世界に誇れる日本の文化といえます。

日本にお越しいただくお客さまに「おもてなし」をご提供することがエボルブのミッションです。

加速する民泊需要 

 

2012年より右肩上がりで外国人の訪日人数が増えており、2019年には約3188万人の訪日外国人の方々が日本を訪れています。

2020年には新型コロナウイルスにより世界での観光需要は激減しましたが、エボルブはそれも終わりは来ると確信しています。

コロナウイルスによる観光制限が解除された日本は自ずと観光需要は激増すると考えております。

エボルブは2017年より大阪市内にて民泊運営を開始致しました。

以降、大阪市内に運営を集中し約500件の運営代行をさせて頂いております。

エボルブが選ばれる7つの理由

<その1>安心の代行手数料10%

オーナーさまに最大限の利益をとって頂くために

代行手数料は総売上の10%とさせていただいております。

安心の代行手数料と弊社独自のおもてなしサービスでオーナーさまには最大限の利益を確保していただけます。

他社さまにご依頼されて利益薄にお悩みの場合、弊社サービスをご利用ください。

他社さまの平均代行手数料は20%ですので、代行費によってオーナーさまに利益が出にくいのが現状です。

他社さまから弊社への乗換相談も多く頂いております。

<その2>民泊、旅館などの許可申請もまとめてお引き受けいたします。

 

​すでに民泊の法整備が整い、違法民泊の運営はできなくなりました。

エボルブでは専属の行政書士、消防設備士と提携し、宿泊施設運営における適切な許可を申請代行させて頂いております。

ご依頼頂ければ申請時に必要な書類作成など面倒な手続きもまるまるエボルブでお引き受けいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

<その3>物件コーディネートから運用までトータルで代行

物件が決まれば専門スタッフによる部屋のコンセプト、家具家電類の搬入、セッティング、カメラマンによる写真撮影、お部屋の掲載(AirBnB,Booking.comなど)を行います。

<その4>細部まで徹底した清掃サービス

多くの物件は細部にまで清掃に目が行き届いていません。

水回りの水アカや、排水溝の髪詰まり、ゲストさまがキャリーケースを置いた後の床の黒ずみなど、多くの物件はそこまで見ていないので利用されるゲストさまから「部屋が汚い」という評価をもらいます。

現状、多くの民泊清掃代行が清掃の研修を受けていないスタッフを派遣しておりお部屋の清掃レベルの低下が問題になっています。

エボルブではホテルでの清掃研修を受けたスタッフが清掃を行います。

細部にまで徹底された清掃マニュアル、清掃チェックシートを作成し、細かいところまで抜けがないよう徹底して清掃管理しております。

<その5>オーナーさまが納得いくまでヒアリング

エボルブでは、オーナーさまに運営上で不安になって頂かないよう納得がいくまで相談に乗らせていただいております。

民泊代行のご相談だけでなく、旅館、小規模ホテルの運営相談、レンタルスペース運営、マンションの共用部清掃管理、一般賃貸斡旋などもさせていただいております。

ぜひお持ちの物件の利回りを上げるための政策をご一緒に模索致しますので、お気軽にご相談くださいませ。

<その6>地域の不動産会社との連携で民泊可能物件を斡旋

現在は多くの大阪の不動産会社さまと連携しており、大阪での特区民泊物件の紹介をさせて頂いております。

紹介する物件の立地情報や見込み収益なども無料でリサーチさせていただきますのでお気軽にご相談くださいませ。

<その7>大阪に特化した民泊運営代行会社

民泊代行エボルブは2017年より大阪を拠点とし運営をおこなって参りました。

​運営を大阪に集中することで、より濃密な情報収集力、運営クオリティを実現させて頂いております。

​エボルブは大阪市内で500件の運営実績をもっております。

​大阪での民泊運営はエボルブにお任せくださいませ。