検索
  • 木藤田 空也

流行る民泊部屋はここが違う

大阪市内にて民泊運営をしているエボルブです。

コロナ禍で多くの民泊施設、ホテルが低稼働で困っているなか、エボルブで管理させていただいているお部屋の稼働率は約50%ほどとなっております。


コロナ禍でも比較的高稼働率を維持するために大切なことは、ずばりお部屋の写真です。

宿泊されるお客さまは写真の印象でお部屋を予約するかしないかを決められます。

ですのでお部屋の写真映りは非常に大切です。

エボルブでは専属のコーディネーターが宿泊されるゲストさまの目線に立って内装のコーディネート、作成を行っております。

高品質の内装コーディネートを安く作成することができます。

内装のコーディネートに関してご質問があればいつでもお問い合わせください。


1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示